一般社団法人

ご挨拶

理事長挨拶

写真

理事長
中村 元紀

 1949年、戦後の混沌とした時代背景の中、責任感と情熱を持った青年有志たちによる「新しい日本の再建は我々青年の仕事である」という覚悟のもと、日本に青年会議所運動の灯がともり、全国各地にその運動の輪が広がっていきました。この桑名においても1952年5月13日に7名の発起人と31名の賛同者により、全国で34番目、三重県下では最初の青年会議所として桑名青年会議所が設立されました。
 今日まで桑名青年会議所は明るい豊かな社会を目指し、社会への奉仕・指導者訓練を基調とした修練・世界との友情の三信条のもと活動し、「ひとづくり」「まちづくり」「教育」「環境」など様々な分野において、青年としての正義感、理想を追求する心、真摯な情熱という価値観のもと運動してまいりました。それぞれの時代で人は変わり、手法や表現は異なっても、創始の「おもい」は今なお脈々と受け継がれています。
 地域が持っている魅力を高付加価値化させ、自立的で持続的な地方の創生が期待されている今日、今の時代を生きる私たちが責任感とJAYCEEとしての使命感を持ち、愛するこのまちのために今の時代に合った運動に惜しみない情熱を注いでいこうではありませんか。そして、私たちの創始の「おもい」を世界に広げ、英知を集結し勇気を持って、明るく前向きに活発な活動をしていきましょう。

一般社団法人 桑名青年会議所
第65代理事長 中村 元紀

2016年度スローガン

「明日のために!」
〜私たちの輝きが地域を明るく照らす〜


2016年度基本方針

○ 地域に根差し共に生き、心豊かな人づくり
○ 地域から期待される運動の継続
○ 経営者としての考察力と判断力の修練
○ 尊敬されるリーダーの育成
○ 楽しさと魅力が溢れる組織づくり
○ JAYCEEとして颯爽とした姿で行動する
○ 気づきの機会を逃さず挑戦する
○ 切磋琢磨しあえる同志の拡大



2016年度事業計画

○ 長期運動指針「まちに夢を まちに笑顔を まちに力を」に基づく事業
○ 青少年健全育成に関する事業
○ 教育に関する事業
○ 青年経済人としての資質の向上に関する事業
○ 指導者としての資質の向上に関する事業
○ 継続事業
○ 会員の拡大
○ 会員、家族間の交流
○ 日本青年会議所、東海地区協議会、三重ブロック協議会事業への協力と参加及び出向者支援
○ 関係諸団体事業への協力と参加
○ 姉妹JCをはじめとする友好LOMとの交流